写真

銀座泰江内科クリニックの泰江慎太郎医師

糖尿病の“予兆”として注目されるようになってきたのが、「血糖値スパイク」だ。銀座泰江内科クリニックの泰江慎太郎医師が解説する。 「血糖値が食後1~2時間のうちに急激に140mg/dl以上の高血糖となるのが『血糖値スパイク』です。これが生じると、血糖値の乱高下によって血管がダメージを受けてしまい、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング