写真

加藤康子氏は一民間人からいきなり内閣官房参与に(共同通信社)

妖怪が首相官邸を徘徊している。「内閣官房参与」という妖怪が──「共産党宣言」を彷彿させるほどの不気味さだ。官邸主導が特徴の安倍政権において、民間人の彼らはアドバイザーであり、仕掛け人でもあり、時に重要政策の主導権を握っている──その事実を我々国民はどれほど知っているのか。 現在、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング