写真

『勧進帳』で弁慶を演じる中村吉右衛門

バブルの終焉後、日本は“等身大の共感”が価値基準となり、名ばかりの“リーダー”に騙されなくなった。リーダー不在と言われる平成の終わり、政界、財界のトップにも庶民感覚が求められ、一方で国民や社員の権利意識や主張の声は日に日に高まっている。かつてのようにトップに立つ人物が自分の意志を貫いて支持を得ることは難しい場面も多い。とはいえ、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング