写真

同じ名字でも漢字が異なる理由は?

約10万種類もあるという日本人の名字。もともと家と家を区別するためのものであり、そのため、山や木など目印となるようなものが多く使われてきた。 「最も多いのが松。昔は高い建物がなかったため、村で高い木といえば松でした。松の木の下といえば、どのあたりか場所を特定できたのです」(姓氏研究家の森岡浩さん・以下同) 名字ランキングでは松本さんが16位に入っている。また、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング