写真

チーム戦略室の関本塁データ分析担当ディレクター(撮影/藤岡雅樹)

2018年シーズンを2年連続日本一で終えた福岡ソフトバンクホークスだが、戦術面だけでなく、選手育成面に至るまで、「データ重視」の姿勢が球団全体に浸透している。 チーム戦略室の関本塁データ分析担当ディレクター(42)によると、工藤公康監督も「非常にデータを重視する」タイプだそうで、采配面でも大いに活用されているそうだ。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング