写真

東京放射線クリニック院長の柏原賢一医師

一般的ながん治療は、「外科手術」、抗がん剤などを使った「化学療法」、そして「放射線療法」の三本柱を、がんの部位や進行具合によって組み合わせて行なわれる。かつては患者の年齢や体力に応じて、選択する治療法に制限が出ることもあったが、そうした状況は変化している。 抗がん剤などの化学療法の専門医で、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング