写真

最後まで左腕の負傷が尾を引いた(時事通信フォト)

「8場所連続休場」や「8連敗」など痛々しい記憶を残して土俵を去らねばならなかった横綱・稀勢の里。休場が続く稀勢の里は、元横綱・貴乃花と比較されることが多かった。 貴乃花は、2001年5月場所で右膝の大ケガを負いながら、横綱・武蔵丸を破って22回目の優勝。しかしそこから7場所連続で全休した。それが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング