写真

域の総合診療に取り組むあいクリニック中沢・院長の亀谷学さん

今年のインフルエンザの流行は例年より激しい。2019年第3週(1月14~20日)時点でも増加傾向にあり、まだまだ警戒が必要だ。 うがい、手洗いの徹底や防寒、加湿、マスク着用などが重要なのは周知のことだが、注意が必要なのは高齢者と幼児。元気な子供や体力のある成人の対応とは、区別した方がよいという。地域の総合診療に取り組む東京・多摩市のあいクリニック中沢・院長の亀谷学さんに聞いた。 「インフルエンザは、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング