写真

握手禁止も現実的になってくる(時事通信フォト)

ファンサービス中のハイタッチで右肩を痛め、開幕一軍が危ぶまれている中日・松坂大輔(38)。「私と同じようなことをやりよったなァ……」と語るのは、通算567本塁打の「不惑の大砲」こと門田博光氏だ。 オリックス在籍時代の1989年、本塁打で生還した際に次打者のブーマーとハイタッチを交わした直後に右肩を脱臼したシーンは「珍プレー好プレー大賞」などで野球ファンにはよく知られている。門田氏は「あのときは油断していた」と語った。 門田氏は8試合の欠場のみで復帰したが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング