写真

留学先のオックスフォードのマートン・カレッジでご学友と談笑(1983年12月) 共同通信社

皇太子殿下は新天皇の覚悟ができている。それも遙か昔、若かりし頃からだ。神道学者の高森明勅氏が、25歳当時の皇太子殿下がおっしゃられた言葉から、壮絶な覚悟を国民のために受け継いでおられる事実について、解説する。 *** 皇太子殿下は5月1日から天皇(126代)になられる。「日本国の象徴であり日本国民統合の象徴」(憲法1条)という重い地位につかれるのだ。その地位へのご覚悟のほどを示すエピソードがある。昭和60年、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング