写真

感動の名シーンのはずが、寛一の仕草に非難殺到

テレビをつけても、ネットを見ても、はたまた電車の中やお店でも…何だか窮屈に感じたり、「そこまで必要!?」と思うような過剰サービスに遭遇したりすることが最近多くありません?“和を以って貴しとなす”がわが国の美徳だったのに、見回せば不寛容や過干渉、過剰反応ばかり──。このイヤ~な雰囲気、どう思いますか? 『座っている二宮金次郎像』や『貫一お宮像』などについて、「これらは、ニッポン社会の雰囲気がかつてと変わってきたことを示す象徴的なもの」と指摘するのは、クレーム対応の専門家で『キューブルーツ』代表の津田卓也さんだ。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング