「社畜」が主人公の漫画が増えている理由

プレジデントオンライン / 2017年5月16日 9時15分

いま「サラリーマン漫画」に地殻変動が起きている。『課長島耕作』のような出世物語が廃れ、『社畜!修羅コーサク』のような「社畜漫画」が増えているのだ。現役サラリーマンで、『サラリーマン漫画の戦後史』(洋泉社新書y)の著者が、その背景を読み解く――。 ■漫画に社畜が増えている! 「ノマド」が消えて「社畜」が残った。日本人の働き方を巡る過去5年間の議論を圧縮すると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング