写真

7月13日、パリでマクロン大統領と会談。パリ協定離脱再考を示唆する発言も。(AFP=時事=写真)

大統領就任から半年。さまざまな批判を受けながらも、トランプは候補者当時からの強気の態度を崩していない。その背景には何があるのか。支持団体の中心人物に話を聞いた。 ■大手メディアでは見えない米国の現実 現在、CNNやABCなどの米国メディアは、トランプ政権に非常に強い敵対心を示しており、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング