働き方でバレる富士山に登れる人登れぬ人

プレジデントオンライン / 2017年8月17日 9時15分

人並み以上に仕事の成果を上げている。日々の生活も充実している。それは悪くないことだが、「これぐらいでいいかな」と満足してしまうビジネスパーソンが多いと経営コンサルタントの小宮一慶氏は語る。一流の人は、「もうこれでいい」と思うのではなく、「まだやれることがあるのではないか」と考えている――。 ■「なれる最高の自分」を目指す人がなぜ少ないのか? 講演でビジネスパーソンの皆さんに「なれる最高の自分」を目指すことが大切です、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング