一方的な値上げで利用者に牙むく"黒ネコ"

プレジデントオンライン / 2017年10月12日 15時15分

■一方的な値上げ宣告、中小企業が悲鳴 10月1日、ヤマト運輸は27年ぶりに宅急便の運賃を全面改訂した。それに先立ち、5月には新聞広告を掲出。「現場はかつてない厳しい状況」「日本全体の人手不足によって労働力の確保も困難」「事業税の増税や社会保険適用範囲の拡大など、社会制度にも大きな変更」。そう説明し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング