なぜ「熱海」は人気観光地に返り咲いたか

プレジデントオンライン / 2017年10月12日 15時15分

熱海が観光地として活気を取り戻しつつある。宿泊客数は2011年から右肩上がりに伸び続け、2015年は300万人に達した。復活の立役者は、地元旅館の「アラフィフ」のおじさんたちだ。「意外と熱海」といった自虐的なコピーまで掲げて、なりふり構わぬオール熱海体制で奮闘している。取り組みのポイントは何だったのか――。 ■若い世代のお客が増えている かつて熱海は人気の観光地だった。昭和の頃には新婚旅行の宿泊先にもよく選ばれ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング