あなたのお墓が子孫の「負動産」になる日

プレジデントオンライン / 2017年10月13日 15時15分

「お墓は永遠の存在」……そう考える人は多い。しかし、自分のお墓は100年後、200年後も間違いなく子孫に守られているのだろうか?お墓をめぐる考え方は、この50年で大きく変わりつつある。墓地の倒産や無縁墓の増加など、“お墓の終わり”を意識せざるをえない現実が広がっているのだ。 ■倒産しながら17年以上存在している墓地がある 横浜横須賀道路の朝比奈インターチェンジ近く、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング