ソフトバンクのペッパーは結局失敗なのか

プレジデントオンライン / 2017年11月3日 11時15分

■新しい価値づくりの「レンズ」で見る 2014年、世界初の感情を認識するヒト型ロボットとして誕生したソフトバンクグループの「Pepper(ペッパー)」。翌年には19万8000円で販売され、連日即時完売する様子が話題になりました。 ところが先日、ペッパーの開発・販売元であるソフトバンクロボティクスが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング