"旦那の身代わりで出向"女性取締役の半生

プレジデントオンライン / 2017年11月20日 9時15分

ポーラ取締役の及川美紀さんには苦い経験がある。入社してまもなく社内結婚を決めたところ、上司から「同じ職場にはいられない。君とご主人だったらご主人を残したい」といわれ、本社営業部から販売会社に出向させられた。それでもキャリアを積み上げ、現在は取締役だ。その波瀾万丈のキャリアとは――。 ■「そこまで言われて仕事を続けるの?」 及川さんのキャリアは衝撃的な出向から大きく動き出す。入社時に「縁の下の力持ちになりたい」と言い、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング