"現代の奴隷"外国人実習生に頼る黒い企業

プレジデントオンライン / 2017年11月7日 9時15分

■外国人実習制度は現代の奴隷制度か 1993年スタートの外国人技能実習制度。外国の若者に技能を修得させて母国の発展に活かしてもらうことを目的に始まったが、いまでは人手不足の業界を支える切り札として活用されている。 「外国人を低賃金でこき使う現代の奴隷制度」と批判されることも多いが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング