住宅選びで絶対に"賃貸"にすべき人の条件

プレジデントオンライン / 2018年1月16日 15時15分

決して年収は高くないのに、お金を貯められる人がいる。どこか違うのか。雑誌「プレジデント」(2017年2月13日号)の特集「金持ち夫婦の全ウラ技」より、人生の3大出費のひとつ「住宅」にまつわる知恵をご紹介しよう。第3回は「財産形成」について――。(全12回) ■30年後も物件価値が同じなら持ち家派が有利 「毎月住居費を払うなら最後には自分の資産になる持ち家がいい」という人は多い。逆に「転居や家族構成の変化に応じ住まいを変えられる賃貸の自由さがいい」という人もいる。持ち家派は住まいと財産形成を兼ね、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング