"手を洗いすぎる"と風邪を引きやすくなる

プレジデントオンライン / 2018年1月18日 15時15分

なぜきちんと手を洗っているのに、風邪をひいてしまうのか。その理由が「熱心に手を洗っていたから」とすれば、どう思われるでしょうか。75歳の医師・藤田紘一郎さんは、ほとんど石けんを使わず、水だけで手を洗います。でも手はスベスベで、風邪もめったにひきません。その理由とは――。(第1回) ※本稿は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング