国際社会が日本を"大国"とみなさない理由

プレジデントオンライン / 2018年2月14日 9時15分

日本国憲法は前文で「国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思う」と謳っている。だが現実はそうなっていない。国力が低下するなかで、アメリカと中国という2つの大国に翻弄され、「名誉ある地位」を占められずにいる。どこに問題があるのか。東京外国語大学の篠田英朗教授は「日本の内向き志向」を問題視する――。(第1回) 2017年、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング