写真

写真=iStock.com/DNY59

橋下徹氏がジャーナリストの岩上安身氏を名誉棄損で訴えたことに対し、「言論封殺目的で強者が弱者を訴えるSLAPP訴訟ではないか!?」と批判する声が上がっている。橋下氏はこれにどう応えるか。プレジデント社の公式メールマガジン「橋下徹の『問題解決の授業』」(2月13日配信)より、抜粋記事をお届けします――。 (略) ■名誉棄損を避ける「プロのノウハウ」 僕が岩上安身氏を訴えたことに対して、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング