「点滴頼み」のアベノミクスに未来はない

プレジデントオンライン / 2018年4月17日 9時15分

アベノミクスの柱である「異次元の金融緩和」の終わらせ方が焦点になりつつある。経済を吹かせるために日銀は400兆円の国債を抱え込むことになったが、その負債は将来返せるのだろうか。元日銀マンで民進党代表の大塚耕平参院議員は「異次元の金融緩和は失敗だった」と語る。野党として掲げる経済政策の中身とは――。(後編、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング