医学的に証明された"百薬の長"になる酒量

プレジデントオンライン / 2018年4月24日 9時15分

「酒は百薬の長」と言うけれど、もちろん飲み過ぎは体に毒。いったいどのくらいが適量なのだろうか。救急医療の最前線で活躍しつつ、オンライン健康相談「firstcall」で相談医を務める石川陽平氏が、最新の研究成果に基づく「適量」をアドバイスする――。 ■「少量のアルコールは体に良い」は本当か 救急の現場にいると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング