早大セクハラ疑惑「現役女性教員」の告白

プレジデントオンライン / 2018年6月22日 15時15分

早稲田大学文学学術院の現代文芸コースに通っていた元大学院生の女性が、渡部直己教授から「おれの女になれ」と言われるなどのハラスメントを受けた問題で、女性から相談を受けた女性教員がプレジデントオンラインの取材に応じた。女性教員は別の男性教員から「どこで誰に何を言うかはよく考えたほうがいい」と口止めを受けていたことを明かした。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング