記者会見で"反省してない人"が使う常套句

プレジデントオンライン / 2018年7月12日 9時15分

スキャンダルや不祥事のたびに開かれる記者会見。その目的は事態収拾のはずだが、会見する側の態度や発言によって、むしろ問題が“炎上”してしまうことも珍しくない。成否をわけるポイントはなにか。危機管理のプロで、その経験を小説『スキャンダル除染請負人』(プレジデント社)にまとめた田中優介氏は「記者会見では絶対口にしてはいけない4つのNGワードがある」という。その内容とは――。 ■トップの失言が経営にダメージを与える 現在は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング