写真

サイボウズの青野慶久社長

グループウェアを提供するサイボウズは、来年1月から企業経営者を対象にした経営塾事業を始める。1月から3月までに1日8時間の講座を6回実施。定員は20社で、価格は1社につき200万円だ。サイボウズの青野慶久社長など同社の経営陣が講師を務める。「6日間で200万円」という経営塾にはどんな顧客が集まるのか。青野慶久社長に聞いた――。 ■「いい話」を聞いただけでは組織は変わらない 「なぜグループウェアの会社が、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング