"入場料"を払っても、百貨店に行きたいか

プレジデントオンライン / 2018年8月18日 11時15分

ネット通販の拡大でリアル店舗は「やられっぱなし」だ。だが生き残りの方法はあるはずだ。世界的小売フューチャリストのダグ・スティーブンスは著書『小売再生』(プレジデント社)で、「店舗のメディア化」という道を説いている。この提言はどう評価すべきか。オンラインマガジン「新・小売概論」で日本の小売業界への提言を続ける最所あさみさんに聞いた――。/聞き手・構成=プレジデント社書籍編集部 ■入場料を払ってでも行きたい百貨店 わたしは2012年に三越伊勢丹に入社しました。伊勢丹新宿本店の大規模リニューアルの年です。リニューアルのテーマは「ファッションミュージアム」でしたが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング