写真

『トヨタ式5W1H思考 カイゼン、イノベーションを生む究極の課題解決法』(桑原晃弥著・KADOKAWA刊)

一般的な「5W1H」といえば「いつ(When)・どこで(Where)・誰が(Who)・何を(What)・なぜ(Why)・どうやって(How)」。だが、トヨタの「5W1H」は一味も二味も違う。トヨタ式5W1Hは、「なぜ(Why)・なぜ(Why)・なぜ(Why)・なぜ(Why)・なぜ(Why)・どうやって(How)」。「『なぜ』を繰り返せば真因がわかる」という考え方だ。トヨタがこうした特殊なやり方にたどりついた理由とは――。 ※本稿は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング