写真

2018年11月05日、参議院予算委員会で答弁する片山さつき地方創生担当相。(写真=時事通信フォト)

臨時国会で2人の大臣が集中砲火を浴びている。1人は片山さつき地方創生担当相。もう1人は桜田義孝五輪相。今国会の「主役」の2人には共通点がある。安倍晋三首相を党側から支える重鎮・二階俊博幹事長が率いる二階派に所属しているということだ。この2人以外にも二階派には問題議員が少なくない。なぜなのか――。 ■「片山祭」「桜田祭」の様相になってきている まさに片山祭、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング