写真

黒木 亮氏(毎日新聞社=写真)

「みぞか号」の機首にはイルカの顔を模した目と口が描かれていた。両翼エンジンは子イルカをイメージした青色のカラーリング。天草弁でかわいいを意味する「みぞか号」は、2000年から16年間、熊本県の天草エアラインで運航した航空機である。 「48人乗りの小さな飛行機と言われますが、側で見ると本当に大きい。天草の生活、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング