写真

米国で生まれ、世界中で愛用されているデニムウエアだが、その生地生産で世界屈指のメーカーが広島県福山市にあることをご存じだろうか。備後絣の染色が家業だった老舗、カイハラが、海外の一流ブランドから高い評価を得、現在もユニクロのジーンズの約8割を担う秘密を探る――。 ■米国文化の産物に異質の価値を移植 カイハラの足跡からは、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング