写真

2019年1月2日、新年の一般参賀で手を振られる天皇、皇后両陛下と皇族方。(写真=時事通信フォト)

■「小室家側に金銭的な保障が必要な可能性もある」 「破談ならカネをくれ」 宮内庁は、秋篠宮眞子さんとの結婚が白紙に戻ったら、小室圭さんが会見を開いて、秋篠宮家とどんなやり取りがあったのか、眞子さんとどんな付き合いをしてきたのかを暴露するのではないかと恐れている。 明治時代、大正天皇の婚約破棄の際に、現在の金額にして7億円にあたる公債証書が贈られた先例があるから、小室家側に金銭的な保障が必要な可能性もある。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング