写真

新車販売台数で2年連続首位となったホンダの「N‐BOX(エヌボックス)」シリーズ。(写真提供=ホンダ)

2018年の車名別新車販売台数で、ホンダの軽自動車「N‐BOX」が2年連続で首位となった。軽自動車はトップ10のうち7車種を占め、全体シェアも3分の1を越えている。「日本独自規格である“軽”ばかりが売れるのは不健全だ」ともいわれるが、法政大学大学院の真壁昭夫教授は「それは表層的な見方にすぎない」と指摘する――。 ■軽自動車は決して「ただ安いクルマ」ではない 自動車には、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング