写真

昨年限りでたもとを分かったマティス前国防長官(左)とトランプ大統領(写真=AFP/時事通信フォト)

アメリカの同盟国を驚かせた、マティス前国防長官の突然の退任。日本ではその原因を、同盟国重視の「良識派」マティスと「アメリカ・ファースト」のトランプの対立に求める向きもある。だが国際政治学者の篠田英朗・東京外国語大学教授は、「対テロ戦争でもはや勝利を目指さない」というアメリカの根本的な方針転換が、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング