写真

※写真はイメージです(写真=iStock.com/Luka Banda)

各国の中央銀行が出す「景気判断」は、文章に留保条件が多く、まわりくどい。それはなぜか。ひとつは、当局が自らの情報発信が市場の混乱を招くことを恐れているからだ。最近では、記者会見で発表されるキーワードで自動発注するケースが増えており、当局は神経を尖らせている。なかでも厄介なのは急激な市場変動を引き起こすとされる「プログラム売買」への対応だ。一体なにが起きているのか――。 ■プログラム売買の“暴走”が引き起こすもの 年末年始の株価下落、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング