写真

悲願の統一を果たした後、韓国より優位に立つために、北朝鮮は絶対に「核」を捨てる気はない――。北朝鮮が開発したと主張する「水爆」を視察する金正恩委員長(左から4人目 写真=AFP/時事通信フォト)

2月末、ベトナムで2回目の米朝首脳会談が開かれる。トランプ米大統領は自身のツイッターで、北朝鮮を核放棄に導けるという自信を示している。だが著述家の宇山卓栄氏は「北朝鮮が求める『段階的な非核化』にトランプ大統領が応じた場合、アメリカや日本が求める『完全かつ検証可能で不可逆的な非核化』が遠ざかる恐れが高い」と指摘する――。 ■日本にとっては最悪のシナリオも 2月27日~28日に開かれることに決まった2回目の米朝首脳会談。前回の記事でも述べたとおり、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング