写真

写真=iStock.com/iryouchin

どんな人間でも失敗はしてしまう。緊急事態に陥ったとき、どんな「屁理屈」であれば、その場を切り抜けられるのか。今回、5つのテーマで実例を収集し、作家の架神恭介さんに考察してもらいました。第3回は「大事な会議に遅刻した」です――。 ※本稿は、「プレジデント」(2018年12月17日号)の掲載記事を再編集したものです。 ■なんだかわからないが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング