写真

公立福生病院=東京都福生市(写真=時事通信フォト)

■患者の命を救うのが医師の使命のはずだ 腑に落ちないし、理解もできない。「公立福生病院」(東京都福生市)の透析中止の判断である。 女性患者は44歳と若く、透析治療を受けながら人生を楽しむことができた。患者の命を救うのが医師の使命である。それにもかかわらず、公立福生病院は人工透析を中止した。透析の中止は死につながる。医師の裁量で患者の命を奪っていいのか。 「透析を止めたい」という女性患者の訴えを受け止め、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング