写真

撮影=安井孝之

「ダ埼玉」という言葉が生まれるほど、埼玉県には華やかなイメージが乏しい。そこでも開発が遅れ気味で、地価も安いのが東京北西部とを結ぶ西武線沿線だ。しかし、西武ホールディングスの後藤高志社長は「所沢駅では乗降客が増加しており、周辺の“億ション”が完売した。西武線沿線は他私鉄にないアドバンテージがある」と胸を張る。その背景とは――。 ■3つのグループ本社が悲願の池袋移転 ――4月に西武ホールディングスなど西武グループ3社が池袋の高層ビル「ダイヤゲート池袋」に本社を移しました。池袋を拠点に攻めの経営に向かうのですか。 グループを統括する西武ホールディングス、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング