写真

2018年10月よりアウディジャパンが販売する最上級セダン「A8」の新型モデル。車両本体価格は1140万円(税込み)から。日本ではレベル3の自動運転を「封印」されている。(写真=時事通信フォト)

■他国に比べて「法整備」の遅れが目立っている 5月17日、参院本会議にて改正道路運送車両法が成立した。この法律は、2020年をめどに高速道路における、自動運転の実用化やその一段階上の無人自動運転のサービスの実用化を目指している。 改正道路運送車両法の成立は、新しい“移動”のコンセプトを目指すために欠かせない。自動運転が実用化できれば、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング