写真

6月9日、香港で行われた「逃亡犯条例」改正に反対する大規模デモの様子。主催者発表で103万人が参加したという。(写真=Penta Press/時事通信フォト)

■いまの一党独裁体制を賛美する中国人も多い 1989年6月4日の「天安門事件」から30年の節目を迎えた。事件後、中国は国民に対する監視の目を強化して言論の自由を奪い、共産党による一党独裁体制を貫いた。その体制の下で経済発展を遂げ、世界第2位の経済大国になった。 中国政府は国民に豊かさというアメをなめさせた。その結果、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング