写真

反社会的勢力の会合に出席して金銭を受け取った問題で、記者会見する宮迫博之さん=2019年7月20日、東京都港区(写真=時事通信フォト)

所属事務所の吉本興業を通さずに反社会的勢力のパーティーに参加し、ギャラまでもらっていたことが判明して「契約解除」を告げられたタレントの宮迫博之氏らが、処分後に自ら開いた記者会見。これを機に、世間からの批判の矛先は吉本興業へ向かうことになった。「流れを変えた」会見の重要ポイントを橋下徹氏が解説する。プレジデント社の公式メールマガジン「橋下徹の『問題解決の授業』」(7月23日配信)から抜粋記事をお届けします。 (略) ■タレント側に有利な展開だが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング