写真

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/duncan1890

1997年、神戸市須磨区で起こった連続児童殺傷事件。その加害男性「少年A」は、観た光景をそのまま記憶する「直観像素質者」であった可能性が高いという。少年Aの作文から、読書・映画遍歴を、当時週刊文春記者だった森下香枝氏(現・週刊朝日編集長)がたどった――。 ※本稿は、松井清人『異端者たちが時代をつくる』(プレジデント社)の第6章「『少年A』の両親との20年」の一部を再編集したものです。 ■少年Aの「懲役13年」はあまりに文学的 森下香枝・週刊文春記者(当時。現在は週刊朝日編集長)にとって、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング