写真

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Yuuji

子供の障害や病気に悩む親による、殺人・心中事件は後を絶たない。読売新聞の調査によると、加害者の7割は65歳以上。背景には、親の重すぎる負担がある。読売新聞社会部の著書『孤絶家族内事件』(中央公論新社)より、35歳の息子を殺めた父親の事例を紹介する——。(第1回) ※本稿は、読売新聞社会部『孤絶 家族内事件』(中央公論新社)の一部を再編集したものです。 ■精神障害になって16年、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング