写真

ナイキの「ジョイライド ラン フライニット」(税別1万8000円)。 - 写真提供=ナイキ

ナイキの新しいランニングシューズが話題だ。靴底に1万個の「ビーズ」が仕込まれていて、履く人によって形が変わるという。元箱根駅伝ランナーの酒井政人氏は「『エア』や『厚底』など、ソール開発に異様な執念を燃やすナイキならでは。狙いは靴選びの概念を変えることだろう」という——。 ■1万個のビーズがソールに詰められたナイキの新シューズ 毎年2月に行われる「東京マラソン」は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング