写真

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Hakase_

小さい頃からたくさんの習い事をさせている家庭では、小学4年生ごろから成績が伸び悩むケースが多いという。『5歳から始める最高の中学受験』(青春出版社)の著者の小川大介氏は「習い事や勉強をさせすぎると逆効果になる。それより料理や掃除、洗濯といったお手伝いをさせたほうがいい」とアドバイスする——。 ■高学年で成績が伸びなくなる子の共通点 中学受験の指導に関わるようになってかれこれ28年になります。その間、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング