写真

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Bobby Coutu

交渉や商談の際、あいさつもそこそこに本題に入ろうとする人がいる。ミュンヘン・ビジネススクールのジャック・ナシャー教授は「単刀直入に話を始める人は交渉で失敗しやすい。感じのいい雑談をするだけで、相手が譲歩してくれる可能性は高くなる」と指摘する――。 ※本稿は、ジャック・ナシャー『望み通りの返事を引き出すドイツ式交渉術』(早川書房)の一部を再編集したものです。 ■映画に出てくる交渉マンなら「嫌味で冷酷」だが…… 自分の要求を容赦なく相手に突きつけ、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング